エントリー

がん探知犬

  • 2018/06/11 08:16

皆さんこんにちは。

梅雨入りジメジメで大変ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 

私は最近、南方熊楠の「十二支考」という本を読み始めたのですが

ちょっと気になる部分があったのでご紹介します。

タイトルとちゃんと関係してますよ(^^)

 

そもそも「十二支考」という本は簡単に言うと、干支の動物をテーマ

に世界中の説話を紹介するものです。

その本の「虎」の項にはこんなことが書いてあるのです。

 

”カンボジアでは虎が理由なく村に入ってくるのは伝染病の兆し”

”熊野で聞いた話では狼はもっとも痘瘡(天然痘)の臭いを好み、この病

流行る時村に忍び入る”

 

数年前にテレビで「犬が臭いでがんを発見することができる」という

ニュースを見たことを思い出しました。

よくよく調べてみると、「がん探知犬」というがんを見つけてくれる

犬を養成する機関があり、山形県金山町では健康診断にこの探知犬を

使ったこともあるようです。

どうやって調べているのかというと、人間から採取した尿の臭いを犬

に嗅がせ判断するとの事。

※特にラブラドルレトリバーが向いているとか。

 

犬は人間よりはるかに優れた嗅覚を持っているといわれています。

上述の南方熊楠の話も動物が何らかの形で臭いで伝染病の臭い?

を嗅ぎ取ることができ、病気で弱ることを事前に把握していたので

はないかと考えることができます。

 

長い歴史の中で、犬と私たちは信頼関係を結んできました。

心を癒してくれるだけではなく、我々の病気も見つけてくれるとし

たら、とても素敵な話ですね。

研究の進捗がとても楽しみです。

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

Feed