透析センター

「思いやり」「おもてなし」の気持ちで
“only one”の透析治療を目指しています

超高齢化社会を反映するように、新規透析導入患者様の高齢化がすすんでおります。当センターの透析導入年齢は全国平均よりわずかに高く、療養病棟を併設している事から高齢透析症例の経験が豊富であり、夜間透析も行なっていることから壮年期の透析患者様も数多く診させていただいております。

安心安全な透析治療を心がけています
明るく開放的な透析室

これからの透析医療で果たすべき役割は、すでに作成されているガイドラインを中心に治療を行うことはもちろんですが、患者様の年齢、ライフスタイル、背景なども踏まえた、オーダーメイドの医療が求められています。

当センターでは、透析専門医5名(男性2名、女性3名)が毎回の透析で回診し、合併症の早期発見、長期合併症予防に努め、「思いやり」「おもてなし」の気持ちでonly oneの透析医療を目指し、看護師、臨床工学技士と取り組んでいます。

高橋 正毅(たかはし まさき)

  • 透析センター長
  • 横浜市立大学医学部卒
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本透析医学会 専門医、指導医
  • 日本腎臓学会 専門医

当センターの取り組みについて

  • 全台オンライン透析が可能で、各患者様にあったオーダーメイドの透析提供が可能です。
  • 腎不全保存機から透析導入、バスキュラーアクセス増設が当院で完結。
  • 入院を要する際には、一般病棟、療養病棟が併設されていますので、様々な入院対応が可能です。
  • 透析中の運動両方を導入しています。
  • 患者様、その家族、看護の方々とのつながりを目指し、年1回「愛和ミーティング」を開催。
  • 透析に関連した事象を患者様にわかりやすくお伝えする場で、今後は患者様に関するすべての方の情報拠点を目指しています。
  • 年4回発行する広報誌で様々な情報提供をいたします。
  • 患者様同士のつながりで、患者会があります。毎年バス旅行や新年会を開催。透析センタースタッフも参加しています。

運動療法

合併症への気づきや、ADLを落とさないための運動療法などに取り組んで今う。院内の各部署と連携し、患者様一人ひとりにあった透析医療を提供できるよう心がけています。透析患者様でも、充実したプライベートが過ごせるように様々なお手伝いをさせていただきます。

愛和ミーティング

「愛和ミーティング」という患者様と職員が一緒に作る、勉強会形式の交流会を毎年行なっています。透析患者様の疑問に直接答える機会を設けることで職員も患者様も一緒に透析に対する意識を高めています。また、透析患者様の会である「河童会」があり、毎年患者会主催の旅行会が行われていて、患者様同士の交流はもちろん、職員も参加させていただいています。

学会発表

よりよい透析医療提供のために毎年テーマを決めて透析医学会などで発表を行なっています。透析患者様は様々な合併症を持っていることが多く、その病態ごとに適切な治療を行う必要があります。「フットケア」や「透析液清浄化」に関する研究など多くのテーマがあり、目の前にいる患者様がより質の高い透析医療を受けられるよう、透析医療の発展に寄与できればと日々の研鑽を忘れません。

オンライン透析について

通常の血液透析濾過で使用する補充液を使用せず、血液透析(HD)時に使用する透析液を直接補充液として使用する方法です。大量の補充液を使用することでより多くの濾過を行うことができます。この治療には、透析液の清浄化は必要不可欠で、オンラインHDFを行うことにより、臨床効果として、透析効率の増加、透析液清浄化、透析低血圧の防止、生命予後の工場が報告され、貧血、透析アミロイド、透析低血圧、痒みなどの改善が期待されます。

予約制となっておりますので、事前に電話にてお問い合わせください。

予約専用電話03-3806-2271までご連絡ください。

外来診療は全科予約制となっております。